形式

 

・本家のmono-seriesと同じ、「早立ち」を採用します。

 

本家同様、「ペーパー20問、早立ち25問」が1セットです。これを数セット行い、合計の順位点が高い方を優勝とします。

 

・何セット行うかは、「どれだけ問題が集まったか」によります。そのため「より多くの方に出題頂ければ、それだけ実施できるセット数が増える」ことになります。ぜひご協力をお願いします。

 

・本家と異なり「抜け番」はありません。全員が全セット、全問題(ご自分作成以外)に参加いただけます。

 

・問題は「専任スタッフが作成したもの」に、「参加者の皆様が作成したもの」をミックスします。

 

・参加者(学生・社会人ともに)は最大15問を提出することができます。

 問題を読む前に「誰が作成したか」を読み上げ、もし自分の問題が読まれた場合は「解答しないが正解した」扱いとします。